<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
「PS3 薄桜鬼」終わった。
色々、絵やら声優さんの演技に盛り上がったゲームでした。
シナリオゲームとしては、多分簡単な部類かと思います。
選択分岐点がそれほど、シビアではなかったし。
その分、乙女ゲームとして、キャラとのやりとりを楽しむものだと、思いました。

新選組の史実や、自分が隊士として関るなどを
重視される乙女の方にはおすすめできないですが、
異聞ものが気にならない方は
充分に楽しめる物語でした。

大きな物語としてとらえると、各キャラ一貫して、
共通の意志が貫かれていて
(←誠に生きるとは、自分にとってどういうことなのか、という姿勢)
新選組の物語としても、きちんと出来ていたと思います。



しかアし!

12月も色々ゲームでるのに!!!!
すごい金欠状態です‥‥‥。
色々見送る事になりそうで、今からちょっとテンション落ちてます。ガクウ。


自分のモチベーション保つ為に?
薄桜鬼のルート攻略するたびに
友達に送りつけた、やたらテンション高い感想の貼付けとく。
読みたくもない方々のために、一応自主規制しておくです。

ということで、オトメだけ読んでチョ~。
(あ、ネタバレも相当してますからご注意です)



薄桜鬼トークの熱気のまま、沖田ルート完了しました~。
2回くらいドボンしましたが、
クイックセーブ使って、慎重に進めてみましたよ。
でも、後でギャラリー見たら、開けてない画像が1つあった!
まだ、見てないところが、あるみたい。
惜しい。

沖田ラストは、ハッピーEDとは思えるけど
なんか寂寥感あるラストだったなあ。
あのまま、ゆっくり眠りについてしまうのも、
どうとでもとれちゃうし、

せつね~~~~~!!!!!

って思った。

いや、前向きにとらえて
このままゆるやかな生活が続いている、
と考えれば、やっぱりハッピーなんだよね。
時代が下れば、労咳の薬ももっとよくなるしさあ。

でも、二人でひなたぼっこシーンは
すごい良い絵で保存アイコンがそれになったときは、
ちょっとウキウキしましたぜ!



今日1日使ってしまったーーーー!!!
ということで、原田さん回収~~!!

羅刹がなかったので、後半進めやすかったです。
総司の方と比べると、激甘展開で、すごいニヤついた。
遊佐さんの声もやばいわ~。
しばらくは原田デー、余韻に浸る!

攻略できるとカスタムテーマがもらえるのが
なんか嬉しいです。
昨日迄総司クンでしたが、もう佐之さんに書き換えじゃよ。



その後休日は、 PS3占領して
斉藤クン、平助クンも開通させましたー。
どんだけ、はまりこんどるねん。

斉藤クンは、思った以上にボリュームあったので
やりがいあったね。
内容も、とても新選組らしいエピソードで
なかなかよい物語でした~。

段々、物語が落ち込んできたところに、
最後は、皆がやってきたシーンは
戦隊ものか~!!って感じの盛り上がりで
すごい感激したです。

その後、とりこぼした、画像回収で
後半なんどか、いったりきたりしたら
最初、見た事なかった
千鶴との会話で頬を染める一君が出てきて、
思わず、ボタンを連打の手をとめたよ!!

なにそれ!!反則笑顔~~!


平助クンは、その逆で
ある意味、一番ぶっ飛び脚本だったのが
楽しかった。
意外に風間とのやりとりが、笑えた。

山南さんの行方の落としどころとしても
機能していたね。
ほんと、山南さんは、今回悪役一身に背おって
お疲れさまでした。

まだ、少し取りこぼし画像があるので
平助クンやります。

それが終わったら、
とっておいた、土方さんいきますぜ~!!!

わくわく!



ということで、
勝手にゲーム感想を送りつけるという
それは恐ろしいメール再びだよーん。


いざ、いざ!


薄桜鬼、いわゆる本編の方は
土方、風間、ノーマルEDともに、無事終わりました~。

土方さんは、何日かかけてやったので
かなり気持ち入りました!!

山南さんや、平助はこっちでは灰になっちゃうのね!!!
一君も死んでしまうので
ほんと、最後の一人になっていったのが
なんとも寂しい気持ちもあり、
最後は生き延びてくれて、よかったよー的な
嬉しさありで、
これを最後にやって、やっぱりよかったかも。


薄桜鬼って土方さんのふたつ名だったのね。
しかも風間命名って‥‥‥ハハ。
でも、この場面で、OPアレンジのBGM曲かかったのは、
ちょっと高揚したです。

風間ルートは、まあ、こういう展開になるかな、
という通りだったのですが、
一番びっくりしたのが
ノーマルED。
あれって‥‥‥他にも辿り着くルートあるのかな???

なんか風間ルートから分岐していったので
鳥羽以降は、新選組との関わりはなくなってしまい、
最後、函館で、皆を想う・・・・
だったので、えええええ???
って思ったんですが。

あたしゃ、てっきり
土方ルートから、分岐していくのだとばかり
思ってプレイしたので、
ちょっとびっくりした。

あれがノーマルだとしたら
ほんと、千鶴ちゃんは、最初から最後迄
ただの新選組の客人だよね‥‥‥
いいのか、いいのか?!?!


ということで、
随想録の方に進めてみました。
こっちは、かなり最初から
日常的な内容、かつ、本編より恋愛ゲームっぽいね。
甘々ムードがいっぱいですな (*´ー`*) /



随想録、ちょこちょこ進めました。
最初の事件想起で、もろもろ分岐点が散りばめてあったので
ちと誰にするか迷ったが、なんとなく平助君から
進めていく感じになりそう。
(時系列、手前だったし)

お着替え土方さんは、
もち、見ましたぜ!!
しかも、差し金が山南さん、というのが
笑いました。
なんか、こっちでは、良い感じの嫌みとガンの飛ばし合いで
頬が緩みます。

本編にはない、ほのぼの感で
最初はびっくりしたけど、
これはこれでいいもんですなあ。

アニメも超佳境ですな。

皆どんどん死地に赴くので
毎週じーんとしてます。
特に、ゲームでは文字でしか
描かれていない展開も絵で見れるので
やっぱり、受ける印象が違うわー。

そういや碧血録って、どこかで聞いたなあと
思っていたけど、
函館にある「碧血碑」からか~と
今更知りました。



随想録のSSL、すごい笑えるよね。
随想録も無事クリアしましたー。

それまでが、本編に比べて
とても甘い甘い展開が多かったので
すっかりなごんで、油断していたら、
最後のエピソード「夢のおわり」で、じわーっと泣かされました。
あ、あれは、反則だよおおおおおおおおお。
しかも、声が、ちょっと遠くから聞こえる感じになっていて
それがまた‥‥‥泣けました。


今、追加エピソードの
事件想起3をやってます。

ゲームしていて、
土方さんは、一応別格扱いとして、
その他気に入ったのは
原田さんと、風間でした~~~。
なんとびっくり!

原田さんの甘やかしてくれる世界が
ドツボだったぜ。

風間は、とにかくあの物言いが
とにかく好みでした。
ついつい、忍び笑いしつつ、
どこからくるんだ、その自信!?が
超ツボでした。


一君は、随想録すると、
すごくかわいい一面が
いっぱい出てきて、
照れまくる顔が、すごいよかったよーーー。
関連記事
スポンサーサイト
薄桜鬼 comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

Kan'u(かんう)

Author:Kan'u(かんう)
復帰したFF14とダークソウル3をプレイ中。

気になるゲーム等 発売スケジュール
主に遊佐浩二さん出演作とプレイしたいゲームの羅列である



2016年3月24日 発売
DARK SOULS Ⅲ




2015/12/23発売
アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- Ancora


2015年12月3日
Bloodborne The Old Hunters Edition



2015/11/19発売
BAD APPLE WARS


魔女と百騎兵 Revival

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
******
QRコード
QRコード
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。