<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ブログ放置しすぎで、TOPに広告出てた(笑)
そしていつのまにか、スマートフォン向けテンプレートとか配信されてた。
時は流れるものなのよ~~、アムロ~~。


未だ一周目が終わっていないダークソウルの旅3でございます。
とはいえ、そろそろラストに近づいてきた感じです。
今回も「出来事羅列方式」でいくぜー。


予告通り「地下墓地」行ってきました!
初見の頃の苦労を考えると、
あまりのスムーズ進行に、ちょっと拍子抜け。

しかし、これは「静かに眠る竜印の指輪」のお陰が大きい~。


鍛冶屋バモスで炎のクレイモア作ったら
すごい使い勝手がよく、気を良くして
「アノール・ロンド」に再戦!


弓じゃなくて槍のまちがいじゃね?!というくらい
でかい弓矢で、屋根から
落下しまくる、しまくる、しまくる!!(←出崎演出風)
さすがに、心折れ、城の影で過ごす時間が増える。


とうとう、両手に盾を装備
盾を両手持ちして、亀スタイルにて
屋根アタックすることに。

結果、盾で騎士を押し出し、無事通過。

kamestyle.jpg

この姿を、相当に家族に笑われたが、
勝てば官軍である、フン!!


「アノール・ロンド」後、「巨人墓場」へ。


しかし、辿り着く前に、4回も車輪骸骨に轢かれる。
着いたら、着いたで、
あまりの暗闇っぷりに、「落下&ボコられ」を繰り返す。

まさかの滑り台移動に気がつくまで
20回は死んだ。


懐かしのパッチに出会うも、
「神職だよ」と真面目に答えてしまったために、
彼を殺害するはめに・・・。
ナンテコッタ!


もう暗いのヤダ~と、反動で次は「デーモン遺跡」に。

ヤギさんの大群は、ちくちく毒矢で葬る。
持っててよかった毒矢!と思った瞬間100%!

ここにきて、やたら闇王に侵入され
連敗記録を更新していくも、
「デーモン遺跡」終了。


以前から疑問に思っていた「北の不死院」の行き方を知り、急行。
今更、不死院のデーモンに連敗しまくった。


「公庫の書庫」に向かう。
なんか今WIKIみたら、音楽ながしていると蛇女達が出てきちゃうとあった・・。
今だにガンガン、音楽鳴らしっぱなしにしてました・・・。

ここは、地図が複雑すぎて、行ったり来たり、
ヒドイ思いをした(笑)


「結晶洞穴」へ。
白レイスさん連れて行ったら、すぐに終わってしまった(笑)
その後、原盤取りにいって、落下死


「エレーミアス絵画世界」へ。
黒シレーヌもどき怖かった。

ボス戦への通路が解らず、
白レイスさんに教わる始末。
(言い訳:車輪が怖くて、壁伝いでしか移動しなかったからなんだよう)


なんかソラールさんと闘う事になると聞き、
混沌の契約を+2にするも
すでに、時遅し・・・
「混沌の廃都イザリス」へのショートカットの先には
狂気に落ちたソラールさんが・・・。


ソラールさんの遺品の盾を愛用中で
レベル85かな、
「混沌の廃都イザリス」探索中、な現在であります。




ふと思い出して久しぶりに訪れてみたら
やっぱり、ダークソウル漫画掲載されてた~。
リンクしちゃう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : DARK SOULS (ダークソウル) - ジャンル : ゲーム

Dark souls comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

Kan'u(かんう)

Author:Kan'u(かんう)
復帰したFF14とダークソウル3をプレイ中。

気になるゲーム等 発売スケジュール
主に遊佐浩二さん出演作とプレイしたいゲームの羅列である



2016年3月24日 発売
DARK SOULS Ⅲ




2015/12/23発売
アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- Ancora


2015年12月3日
Bloodborne The Old Hunters Edition



2015/11/19発売
BAD APPLE WARS


魔女と百騎兵 Revival

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
******
QRコード
QRコード
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。