<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
(2012.10/4)
ただいま十三支演義 ~偃月三国伝~プレイ中。
最初の「劉備ルート」終わったばかり。

あとで、まとめて書こうと思っていると
いつのまに、最初のキャラの感想が薄れていくので
メモ程度の感想を残していく。
ネタばれもあり。

(2012.10/4 劉備ルート記載)
(2012.10/11 曹操ルート追記)
(2012.10/22 張遼ルート追記)
(2013.6/20 夏侯惇ルート追記)
(2014.2/20 張飛ルート追記)

(2013.6/20)
十三支演義〜偃月三国伝2、ゲーム決定〜〜!!!
そして、なんとアニメ化決定〜〜!!!


やんや、やんや。

まさかの本編続きですよ、赤壁ですよ。
ドラマCDが順調に出ていたので、まさか・・・とは思ってましたが、
嬉しい悲鳴です。

ということで、よーやくエンジンが再稼働(笑)
夏侯惇、終わらせたぜ!!!(といっても年越しで実現とは‥‥‥(^_^;)



十三支演義~偃月三国伝~(通常版)十三支演義~偃月三国伝~(通常版)
(2012/05/24)
Sony PSP

商品詳細を見る


tw_ryubi02.jpg
【劉備】

曹操から始めようかなーと思っていたんだけど
途中から劉備の友好度が、ガンガンきたので
方向転換。
でも、劉備を最初にしてよかったなーというのが
ルート終わっての感想。

なぜに劉備は、あんな子供にしたのか?

が、よくわかった。
私は、幼いキャラは好きではないので
ほとんど興味なかった劉備だが
なかなかおもしろい設定であり、
世界観の根幹であったので
ストーリー的には大変、面白かった。

途中の展開で、もしかしてこんな展開じゃあ
BAD ENDになってしまう?!?と
ハラハラしながらプレイしていたし(笑)

最期にまた子供に戻ってしまった劉備だけど、
プレイ前に感じていた印象が、がらりと変わった。
この心情の変化は、自分でも興味深かったー。

猫耳にしろ、少年キャラにしろ
あざとい?と思われる設定を
丁寧に物語の設定にのせていくのは
うまいねー。
さすが、広井王子さんというところなんでしょうか。

ということで、
次は曹操いくか!
でも遊佐さん本命の張遼も気になる。
なにやら、人じゃなさげな感じなのよね‥‥‥。



tw_soso02.jpg
【曹操】

いやーーーー、
劉備に続き、まさかの病み人その2でしたよ〜(笑)

しかぁし!曹操ルートは
劉備とちがって、すんげえときめきましたっ WWWW!
なんつってもすれ違いの恋物語
ドキドキハラハラしますわ〜。

曹操は結構最初から
武将としての関羽を欲していたので
「私のもとに来い!」を連発していたんですが
恋愛感情が芽生えてからの
曹操の声!鳥さんの声!
甘いーーーーー、甘いーーーーー!
いいねいいね〜〜。

そしてまさかの猫族の混血だった曹操!
呂布の最期の言葉が、呪縛となって
行動も声も優しいけど、ちょっとおかしなムードが漂いだします。

話が進むにつれ、曹操の穏やかな声が
どーんどん暗〜〜く、妖しくなっていくのが
いやあもうハラハラしましたわ!
彼のやばさが行き着いた時は、
さすがに、どうなっちゃうんだ、と心配になってきちゃったけど。


でも徐州との戦に参戦してきた関羽を
必死に探して、馬上で抱き寄せる曹操には
相当やられました。
‥‥‥‥‥、萌えるわ。


ラスト、曹操の秘密が暴露されるシーンになりましたが
まじで、暴露しないでくれよーーーっ
胸が締め付けられそうな気分でプレイしてました。


Good ENDでは大団円になり
穏やかな終わりを迎えました。
曹操が、関羽にガンガン攻めてきて、相当幸せでしたよーー (*^_^*)

まだBad ENDは進めていないんですが
ちらっと、ネタばれよんでしまったら
こっちもある意味、相当なエロスだわ。
えのうち、やってみよう。


いやーーーー、
しかし、ヤンデレに全然萌えなかったのに
今回は、かなり楽しめてしまった!
まさかのこんな長文になっているし(笑)
自分でもびっくり。

でも、ベースに想い人同士のすれ違いの恋物語があったのと
曹操のキャラが好みだったからかなー。
(↑ 一君声で、風間並の俺様押し)


次は、本命の「張遼」に!
なんだけど、
曹操にここまでテンションもっていかれたので
逆に心配になってきたーーー!!!!



tw_cyoryo02.jpg
【張遼】

曹操にかなりテンション持って行かれていたので
遊佐声といえど、盛り上がれなかったら寂しいなー、
なんて思っていたのですが、
杞憂でした。

なんか張遼、かわいい・・・♥

そもそも、人以外のものであることは
薄々感じながらプレイしていましたが
なんでしょう、反応がなんか、かわいらしいのでした!

そんな感じで、前半は微笑ましい気持ちでプレイしてました。


ただ、少しずつ仲間意識が芽生えていくのは
よかったのですが中盤まで、
ちょっと間延び感はあったかなあ。
同じネタでぐーっとひっぱる感じで。

とはいえ、ひどい傷を負ったあとに
再会した張遼が、冷めた反応に戻ってしまったシーンは
まさか、一緒に歩んできた彼は戻らないのか!?
ドキドキしました。

そんな思いもあったので
二人の張遼対決は、ほっとしたよーー。
最初の張遼ちゃんは、まだいたーーーー!!!
ってなったので。

これが、性格矯正されて、
元の人格を取り戻す、みたいになるのは
なんか気分悪いというか、座りが悪い気分だったからです。

すっぱり、別人!
というのが、土人形とはいえ、彼が「唯一無二」という気持ちで嬉しかったのです。


そうはいっても、しょせんは土人形・・・。
関羽は、なぜか(笑)気がつかないのですが
彼を作った呂布を倒せば、いなくなってしまう存在。

これはもしかして、彼を失っても
心の絆は、残る
というエンディングになるのかな‥‥‥なんて
しんみり思いながら、プレイしましたが、
思いがけず、ナイスアイテム(笑)桃源鏡を使い
寿命を得た張遼!!

それは、関羽の残りの寿命を半分、彼に分け与えて生かす方法・・・

なんか、思いがけない想いのやりとりで二人が結ばれて
じわーっとしました (゚´Д`゚)゚。


二人で、偃月を見上げながら
半分と半分をあわせて、ひとつになったと語るシーン、
関羽からもらったぬくもりを、返すと口付けする張遼、
淡い淡い物語で、よいエンディングでした・・・!!!!!

曹操と違って、
テンション上がりそうな高ぶりは感じなかったのですが
優しい気持ちが、じんわり満ちてくる様な気分で
好きな話となりましたーーー。


まさに杞憂に終わった張遼ルート。
やっぱり、微妙な彼の変化を丁寧に聞かせてくれた
遊佐さんあっての物語であったなあ

思いました。


なんとなく去り難くて、
張遼ルートは、ルートをうろうろして
バットエンドもすぐに探してしまいました。
彼の砂粒を大事に持って、偃月を見上げながら彼を想う関羽。
これはこれで、いいなあ、と感じちゃいました。
(もちろん、バッドとわかっての感想です)
関羽のスチルもあったら、よかったのに。


うーん、しばし余韻に浸ってました。
そろそろ、夏侯惇にいってみようかな‥‥‥。



tw_kako02.jpg
【夏侯惇】

夏侯惇ルート、
関羽に心を開くまでは、
思った以上に丁寧に進んでいった印象。

しかも、まさかの夏侯淵との別れ!!!!
そんな厳しい選択の果てに、関羽を手にするとは〜〜!!!!
すごい、プレイヤーにも苦渋の決断、という感じでした。

最後まで武将として自分を律するシーンが多かったので
最後の最後で、ようやく恋人達らしいやりとりとなるので
夏侯惇本命の方は、きっとやきもきしたろうな〜〜〜。

そんな中、ひとりニヤニヤしてしまったのは、
そんな若い恋人達を、気づかったり、からかったりする、
曹操様でした〜〜〜!!!

スンマセン、
今更痛感、曹操様本命な自分!!

関羽に「おまえの弱点は夏侯惇であろう?」と
そっとささやく曹操様に、
きゃー!!!!!!ってなってました!!
何度リピートしたことかあぁぁあああっ!
不意打ち効果も手伝って、そりゃもう、DOKIDOKI WAKUWAKするぜ♪でしたわ(笑)

夏侯惇は、恋人同士になってからの
物語をガッツリ読みたい感じだよね。
ということで、甘さは続編に期待!だわー。



tw_cyohi02.jpg

【張飛】

すでに全キャラクリアしてましたが、こちら放置してまみた・・・。(噛んだ)
せめてきちんと終わらせておこう。
ざっくり感想書いておきますー。

張飛は最初の印象と、後半の印象ががらりと変わる展開で
おもしろかったです。

ダメ弟から、一人の男としての変化。

これが案外、萌えでしたわ!!
急速に頼りなっていく姿は、他のキャラではみられない変化でしたので
展開が面白かったです。
堂々とした張飛は、逞しくも可愛くて、よい男でした〜!!

ドラマCDでは相変わらず、
おっちょこちょいポジションがかわいいですが
弟キャラのままでいなかった彼もよいですね。




最後、桃園システムの、袁紹、夏侯淵も終わらせました。

袁紹様は、思った通りの展開でしたが、
平川さんの演義が、ぴたーっとはまっていてので
そこで、楽しめました。
関羽が、からめとられていく様子が、ぞくぞくしましたね。


夏侯淵は、夏侯惇で受けたショックを、
とてーーーーもうまく救済してくれました!!!!
最後のスチルに辿り着いた時は、
じわっと涙がにじんできましたよ。
本当に、このエピソードはあってよかった!!!!


馬超は、爽やかでしたが
なんか印象に残らなかったなあ・・
杉田君の声だったけど、本編にほとんど絡んでこなかったせいかなあ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

十三支演義 comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

Kan'u(かんう)

Author:Kan'u(かんう)
復帰したFF14とダークソウル3をプレイ中。

気になるゲーム等 発売スケジュール
主に遊佐浩二さん出演作とプレイしたいゲームの羅列である



2016年3月24日 発売
DARK SOULS Ⅲ




2015/12/23発売
アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- Ancora


2015年12月3日
Bloodborne The Old Hunters Edition



2015/11/19発売
BAD APPLE WARS


魔女と百騎兵 Revival

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
******
QRコード
QRコード
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。